浮気発覚による熟年離婚が増えています!!

熟年離婚 浮気

長年寄り添ってきたご主人が怪しい!?

 

旦那さんの浮気・・・これは結婚生活における永遠の課題ともいえるのではないでしょうか。

 

結婚生活を長い間、共に暮らしてきた熟年夫婦が離婚することを熟年離婚と言いますが、最近とても増えているようです。
基本的に50歳ぐらいの人たちを熟年といいます。
では50歳ぐらいで離婚したら熟年離婚なのか?というと少し違います。

 

熟年離婚とは、結婚してから20年以上一緒に暮らしてきた人が離婚することを言います。
熟年といわれる年齢であっても、結婚してから5年ほどしかたっていなかったら熟年離婚とは言いません。

 

性的に健康な発達をした男性の場合は基本的に全女性が性的欲望対象であり、男性のこのような潜在的性的欲求に対して受け容れてくれる唯一の女性(恋人、妻)とセックスするしかないのです。
実際にするかしないかは本人次第ですが、「恋人や妻以外の女性とはセックスしたくない」と本心から思っている男性は世の中に一人としていないと言っても過言ではないと思います。

 

ましてや、長年寄り添った間柄となってはセックスすることもそうありませんよね?
でも、家庭から一歩外に出れば男性しかいない社会というわけではないですし性欲があればご主人が浮気や不倫という状態になってしまうのはそんなに珍しいことではないのです。

 

浮気による熟年離婚ともなれば慰謝料や財産分与、年金分割を比較して請求するなど交渉次第ではより多くのお金を請求することができますので、より有利な証拠が重要な意味をもつことになります。

 

いま貴女の身に降りかかっている浮気問題は特殊な問題ではないのです。
勇気を振り絞ってプロに電話相談してみませんか?

今の悩み苦しみを解決するのはただ一つだけ!

 

 
これが浮気の三大名文句です。

 

話し合いも、認めさせるのも、目覚めさせるのも、取り戻すのも、裁判でも、
すべて「真実・証拠・浮気相手はどこの誰なのか」がわかる報告書があればキチッと解決します。

 

「パートナーとやり直したい」
「有利に離婚を進めたい」
「真実を知りたい」

 

あなたの悩みを解決する糸口は必ず見つかります!
ご主人の浮気問題も病気も早期発見、早期治療が大切なんです!!
1日でも遅れることで、状況はますます悪化していきます。

 

「大丈夫だろう」
「大丈夫じゃないか」

 

では何の解決もなりません。 今、この瞬間もパートナーは浮気をしているかも知れませんよ?
調べることを恐れるより、知らないことを恐れるべきです。

電話相談がオススメなんです!

弁護士や行政書士、占い師など、不倫や離婚相談を受ける方はたくさんいらっしゃいますよね。
しかし、貴方が知りたいのは「浮気の事実」ですよね?

 

上記の方々には調査能力は全くありません。
貴方がいま電話相談すべきなのは、「信頼のおける探偵」のみです。

 

 

素人とは比べ物にならない高い浮気調査能力により、証拠をがっちりつかんでくれます。
不倫裁判の証拠材料にするためにも確実な浮気調査が大切です。

 

ただ、探偵や興信所の9割は悪徳と言われています。
優良な探偵の選び方には原則があります。
信用性・明確な料金・調査力です。

 

でも、なかなかそれを判断するのは難しいですし、そんなことを調べているうちに時間がドンドン流れてしまい調査が遅れてしまいます。
決して安くはない金額を投じて調査依頼するのですから、しっかりとした探偵社を選ぶことが大切です。
そこで、当サイトが口コミ解析や独自調査客観的をおこなって判断し優良な探偵社をご紹介いたします。

 

本日のオススメ探偵社その@はこちらです!


オススメその@は「原一探偵事務所」です。

 

フリーダイヤル 0120-05-8522
(スマホからはタップするだけで24時間OK! 女性の相談員が対応してくれます。)

 

 

テレビ朝日「テレビのチカラ」、TBSテレビ「徳光和夫の感動再会“逢いたい”」などで原一探偵事務所を既にご存知の方もいらっしゃるかと思います。
テレビ番組では主に人探しの調査を行っておりますが、浮気調査でもかなり定評のある探偵会社です。

 

原一探偵事務所は全国主要都市(東京・千葉・神奈川・埼玉・名古屋・北海道・仙台・大阪・九州)に9拠点。
全国どこの地域の顧客に対しても、すべて自社スタッフが対応してくれるので安心です。
(悪徳探偵社だとアルバイトスタッフで調査をおこない経費を抑えたりするようです)

 

調査費用は、調査基本料金が40000円、調査料金が日に80000円かかります。
トータルでは何十万〜100万円オーバーのこともあるようです。
全ては事前ヒアリングによった見積もりに準じ、前払いとのことです。
一見するとこれはかなりの高額な気がしますが、何千万円という財産分与や慰謝料交渉を有利に進めるためには非常にリーズナブルといえるのではないでしょうか?

 

これはハライチさんが調査後に提出してくれる報告書です。

調査内容にもよりますが、100ページにも渡って浮気の証拠写真や行動が記録されています。
他の探偵社の報告書に比べ、ダントツにしっかりした報告書であるといえます。

 

これがそのまま裁判の証拠として使われますので内容も非常に分かりやすく的確なものです。
離婚したあとの再婚時に新しいパートナーへこの報告書を見せることにより、自分が原因で離婚に至ったのではないことが証明されますし、なによりも新しいパートナーさんが浮気に走ることを抑える効果にもなるようです。

 

このように原一は、38年間の実績に裏付けられた調査技術と最新のテクニックで浮気の悩みを解決してきています。
調査結果によって法律的な対応が必要な場合は各顧問弁護士をご紹介してもらえたり、法律相談や調停、訴訟などの事案の力添えをいただけるので最良な対策を講じることができます。

 

原一探偵事務所は、出稿基準の大変厳しい行政HP(千葉県HP他)にもバナー出稿をしています。

これはもう行政にお墨付きをもらっているようなものでしょう!

 

安心してまかせることができる探偵事務所といえるでしょう。
もちろん、24時間無料での電話相談をおこなっていますよ!

まずは無料電話相談で!

浮気を疑われてると感じると、本人はより慎重な行動をとるようになってしまいます。
そうなってからだと調査や証拠集めが難航してしまうことになりますので、早めの行動が肝心ですね。
履歴の残るメールよりも無料電話相談がオススメです

 

フリーダイヤル 0120-05-8522
(スマホからはタップするだけで24時間OK! 女性の相談員が対応してくれます。)

 

 


                

 

やり直すににしても離婚するにしても、「浮気の事実」を確認してから行動に動きましょう。

 

 

本日のオススメ探偵社そのAはこちらです!

 

オススメ探偵社そのAは「総合探偵社TS(トータルソリューションズ)」です。

 

フリーダイヤル 0120-688-922
(スマホからはタップするだけで24時間OK! 専門の相談員が対応してくれます。)

 

浮気調査金額は下記のようにHPで明記されています。

 

 

 

このように浮気調査金額の時間単価を掲げている探偵社は、ほとんど皆無です。
しかも、下記のようにもうたっています。

 

※料金設定は調査員の人数や車両台数に関係なく変動することはございません。
※調査は基本的に2〜3名にて当社既定の基準をクリアした調査員が万全の体制で行います。
※浮気調査金額実費経費は別途ご請求させて頂く場合もございます。
※お支払いには以下のクレジットカードもご利用いただけます。また、分割払いも承ります。

 

ネット上の口コミでも調査能力の高さが評判の探偵社です。

 

 

 

女性ならではのデリケートな問題に、「安心していただける」対応を目指しているのが評判ですね。。
調査終了後のアフターサポートも充実していて、浮気の証拠がつかめた場合でも関係修復への向けた支援もしてくれます。

 

安心してまかせることができる探偵事務所といえるので、ぜひとも相談されてみてはいかがですか?
もちろん、24時間無料での電話相談をおこなっていますよ!
まずは電話で相談してみましょう!
相談履歴の残るメールよりもニュアンスの伝わりやすい無料電話相談がオススメです
(スマホに履歴を残すのは浮気を勘付いていることがバレて危険です)

 

フリーダイヤル 0120-688-922
(スマホからはタップするだけで24時間OK! 専門の相談員が対応してくれます。)

 

↓↓電話相談に抵抗がある方は無料メール相談をオススメします↓↓
 
メール相談も電話相談と同じく365日24時間、いつでも無料で気楽に相談できますよ。
不安な方はYahoo!などでフリーメールを取得して相談するのがオススメです。

 

探偵一括見積もりを利用するのもアリかもしれません!

大手探偵社の強みをご紹介いたしましたが、いかがでしたか?

 

まずは掲載探偵社への電話相談をおすすめします。
(メールだと履歴が残ってしまい、パートナーに勘付かれて浮気が水面下に潜ってしまう等)

 

それでも決めきれなかったり、相談内容についての相場を知りたい場合は
以下の「探偵一括見積もり」のご利用をおすすめいたします。

 

 

 

※当サイトは信憑性の高い口コミを基にした探偵社を掲載しておりますが、内容を保証するものではございません。
※あくまで当サイトは口コミの主観に基づく評価ですので参考程度にとどめておいてください。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       .

 

 

 

 

 

 

 

 

 

....

 

熟年離婚と慰謝料

熟年離婚時の慰謝料について書いてみたいと思います。

 

慰謝料が支払われのは、離婚原因を提供した側が苦痛を味わった相手(配偶者)に対して損害賠償金として支払うというものです。
簡単な例を挙げると「性格の不一致」だけが理由の離婚では慰謝料が発生するケースは少ないのです。
浮気が理由の離婚なら慰謝料が発生するケースは多くなります。

 

離婚に際する慰謝料決定ですが、調停や裁判のような第三者によって決められる場合と、当事者が協議して決める場合があります。
調停や裁判の場合は慰謝料に関しても金額や支払い方法などをきちんと取り決めしてもらえますが、協議離婚の場合は双方の話し合いで決められる場合が多いです。

 

熟年離婚の場合は長年に渡って、色々な理由が積み重なって離婚したいというケースになる場合が多いようです。
そうなると特別にこれだという際立った理由がなく、離婚理由としても曖昧になる場合が多くなるかもしれません。

 

そうならないように、離婚するしないに関わらず精神的、肉体的に苦痛を感じるようなことを日常的にメモをとっておくことをオススメします。
また、メモだけではなく浮気などの証拠になるようなものも状況証拠として保管しておくようにしましょう。

 

離婚してからの生活というのは苦しくなると思います。
特に熟年離婚だと就職も難しいと思いますので、生活費の確保が重要になってきます。

 

ですから離婚する際はできるだけ多額の慰謝料をもらうようにし、支払いが滞らないよう一括で支払ってもらうことも大切だと思います。
熟年夫婦の離婚率は2007年4月を境に増加しているようです。

 

原因は年金分割制度の導入にあると考えられていて、この制度を待って離婚に踏みきった夫婦が多いということが言えます。
また熟年離婚予備軍も多くいそうで団塊の世代の人たちがこれにあたるとされていて、ますます離婚する夫婦は増えるのではないかと考えられています。

 

この制度は今までのシステムとは違い旦那の年金を分割して受け取れると言うもので、熟年世代が離婚して新しい人生を踏み出すための手助けになりそうな制度です。
また、その他離婚に伴って慰謝料を受けとることができます。

 

離婚の原因となる事柄に対する精神的苦痛に対しての金銭的な賠償のことを離婚の慰謝料と言います。
どういうことが離婚の原因になって慰謝料の対象になるかと言うと例えば浮気、暴力、生活費を入れないなどがあげられると思います。
よく言う性格の不一致などはあまり慰謝料の対象にはならないケースが多いと思います。

 

また、離婚の慰謝料ですが精神的苦痛をお金に換算するのは難しく一概にいくらとは言えませんが200万〜300万位が相場の金額ではないかと思います。
しかし、熟年離婚の場合は婚姻期間の長さや相手の社会的地位の高さからみて若い夫婦よりはもう少し慰謝料が高くなるのが相場です。
300万から500万位が相場の金額ではないでしょうか。

 

土地所有の財産分与などは何千万円という額の問題ですので、浮気調査を探偵に依頼するなどして有利な証拠確保が重要です。